弁護士紹介


3つの宣言


弁護士 中野 仁 (滋賀弁護士会所属) Masashi Nakano

弁護士経験も10年を超え、地方自治体,企業や個人の依頼者様からのご相談や裁判などに対応し、幅広い分野において様々な経験をしてきました。
その中で培った私の強みは、①理解のスピード、②分かりやすい説明、③徹底したリサーチの3点です。
様々な紛争のお手伝いをさせて頂いていると、少しでも早くご相談頂くことの大切さをつくづく感じます。どうぞ、お気軽にご相談ください。

【経歴等】

経歴

平成10年3月      慶應義塾志木高校卒業

平成14年3月      慶應義塾大学法学部法学科卒業

平成17年11月    司法試験合格

平成18年4月      司法研修所入所(60期・大津修習)

平成19年9月      埼玉弁護士会に登録・馬橋法律事務所(埼玉・大宮)入所。馬橋隆紀弁護士の指導の下、様々な事件を経験。

平成24年1月      馬橋法律事務所から独立し、辻本恵太弁護士とパートナーシップを組み、オレンジ法律事務所(埼玉・大宮)を開設。辻本弁護士と共同で、パートナー弁護士2名、アソシエイト弁護士5名、事務スタッフ8名(計15名)の事務所を経営。

平成30年4月      関西転居に伴い、司法修習地である滋賀県の滋賀弁護士会に登録換え。ミカン法律事務所開設。

【公職・所属等】

所属

公職

東京理科大学大学院知的財産戦略専攻 非常勤講師(民法担当) (~H29.3)
さいたま市建築開発紛争調停委員会委員(~H30.1)
さいたま市葬祭場建築紛争相談員(~H30.1)
日本司法支援センター埼玉地方事務所扶助審査委員(~H28.3)

弁護士会関係

日本弁護士連合会民事裁判手続に関する委員会委員(現職)
滋賀弁護士会 広報・業対グループ(現職)
滋賀弁護士会 法律相談グループ(現職)
関弁連法教育センター委員,同副委員長(~H30.3)
関東弁護士会連合会会報広報委員会委員(~H22・3)
埼玉弁護士会常議員(H28年度)
埼玉弁護士会企画広報委員会委員,同委員長(~H30.1)
埼玉弁護士会広報PT委員,同座長(~H28.3)
埼玉弁護士会業務広告調査委員会委員,同委員長(~H30.1)
埼玉弁護士会民事特別PT委員,同事務局長(~H30.3)
埼玉弁護士会調査局委員会委員,同委員長(~H28.3)
埼玉弁護士会研修委員会委員(~H29.3)

その他所属

日本民事訴訟法学会会員
日中法律家協会会員
法と教育学会会員
一般社団法人日弁連法務研究財団会員
埼玉事業再生弁護団(~H30.3)

著作等

著書

岩本安昭・越智敏裕編『行政紛争処理マニュアル-新しい行政争訟制度から紛争類型別訴訟まで-』(新日本法規出版、共著)

弁護士知財ネット編『実践知財ビジネス法務』(民事法研究会、共著)

埼玉弁護士会編『相隣関係をめぐる法律と実務』(ぎょうせい、共著)

相続手続研究会編『事例式相続実務の手続と書式』(新日本法規出版、共著)

不動産価額評価実務研究会編『不動産損害額・評価額算定事例集』(新日本法規出版、共著)

民事訴訟・非訟研究会編『事例式民事訴訟・非訟添付書類』(新日本法規出版、共著)

関東弁護士会連合会編『これからの法教育 さらなる普及に向けて(現代人文社、共編著)

関東弁護士会連合会編『わたしたちの社会と法 学ぼう・法教育』(商事法務,共編著)

日本弁護士連合会eラーニング『民事裁判における裁判官とのコミュニケーションスキル・裁判官との認識の不一致やずれを解消し有利な展開へ』制作・出演

日本弁護士連合会eラーニング『民事裁判における立証活動の基本』制作・出演

埼玉弁護士会編『遺留分の法律と実務』(ぎょうせい,共著)

関東弁護士連合会編『法教育教材・わたしたちの社会と法』(商事法務、共編著)

問い合わせはこちら